Event is FINISHED

ソトノバ・パブリックスペースの未来

Description
ソトノバが活動を開始した2015年から早4年。
ソトノバでは、500を超えたパブリックスペースに関する情報発信を行ってきました。

しかし、パブリックスペースを取り巻く状況は、当時から大きく変化してきています。

・パブリックスペースに関する規制緩和の制度の増加やその制度を使う事例の蓄積
・社会実験など、パブリックスペースを実験的に活用していこうという機運の高まり
・パブリックライフ・屋外のサードプレイスの価値の認識の高まりと萌芽的取り組み
などなど、パブリックスペースを使いこなすことや、人のアクティビティ溢れるプレイスへの価値の認識は高まりつつあります。

そういったパブリックスペースの状況変化の中で、私たちはどんなパブリックスペースの未来を描いていくのか?またソトノバはどのような未来を共有していくのか、ビジョンを語り共有する必要性を感じています。

そこで、ソトノバ・パブリックスペースの未来を考える企画を開催することにしました。ソトノバメンバー、ファンの皆さんと一緒に、これからのパブリックスペースやソトノバの未来を一緒に考えましょう!

当日は、ソトノバメンバーからのミニプレゼンとトークをした後に、皆さんと一緒に議論した内容をライブドローイングし、1枚のソトノバ・パブリックスペースの未来のイメージをつくりあげます。

ぜひ、ご参加ください。お待ちしております。

ソトノバ・パブリックスペースの未来

日時:2019年5月15日(水)19:00−22:00
会場:SHIBAURA HOUSE(東京都港区芝浦3-15-4)
主催:一般社団法人ソトノバ
参加費:1000円(早割:5/8まで)
1500円
申込:Peatixによる事前申込をお願いしています。

スピーカー:

荒井詩穂那(一般社団法人ソトノバ共同代表理事・副編集長/首都圏総合計画研究所)
石田祐也(一般社団法人ソトノバ共同代表理事/ヌーブ)
小澤亮太(一般社団法人ソトノバ共同代表理事/合同会社HOC)
三浦詩乃(ソトノバ・ライター/横浜国立大学助教)
矢野拓洋(ソトノバ・ライター/首都大学東京大学院博士課程)
松本大知(ソトノバ・ライター/東京大学大学院修士課程)

コーディネーター:

泉山塁威(一般社団法人ソトノバ共同代表理事・編集長/東京大学助教)

ライブドローイング:

林匡宏(commons fun 代表)

タイムスケジュール:

19:00-19:15 ソトノバ・イン
19:15-19:20 イントロ
19:20-19:50 パブリックスペース未来プレゼン
19:50-20:10 パブリックスペース未来トーク
20:10−21:20 パブリックスペース未来のワーク・ライブドローイング
21:20−21:30 クロージング
グループフォト
終了後、任意で懇親会
Wed May 15, 2019
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット(早割:5/8まで) SOLD OUT ¥1,000
参加チケット SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
港区芝浦3丁目15−4 Japan
Organizer
ソトノバ | sotonoba
690 Followers